メニュー
  • bigaku
  • bigaku
  • bigaku
検索ボタン
検索

コラム

「あなたのため」は誰のため?

 最近、ママ友との会話で目立ち始めた、習い事やお受験の話題。2歳になったばかりだというのに、もう!?と驚いていたが、「脳は3歳までにつくられる」なんて売り文句の本が書店に並んでいたりもして、いまだ教育方針が定まっていない私はいよいよ焦ってきた。

 そんな折、小児科の待合室で遭遇したある親子。「なんでできないの!?」お受験用ドリルを手にした女の子は、鬼の形相で迫る母親に泣きベソ顔だ。「あなたのために言ってるのよ!ママ恥ずかしいでしょ!」ガミガミと一方的に響くその声に、本当にその子のためなのか疑ってしまう。

 ちょうどお受験経験のある先輩ママと話す機会があったので、相談することに。彼女は有名幼稚園のお受験に成功しながらも、小学校からは自然の中でのびのびと育てるスタイルを選択し、都会を離れたそうだ。「なにが子どものためにいい選択かなんて、後になってみないとわかんないよね」と語りながら、「でも、子どものため以上に、親である私自身がどうしたいか、なのかも。実際、私はいま田舎での暮らしが幸せだし、きっかけをくれた子どもに感謝してる」と笑顔で付け加えた。ここに本質を見た気がしてハッとした。
お受験への賛否はさておき、彼女はその判断を「自分のため」だと認めている。小児科で見かけた母親のように、責任の矛先を「あなたのため」と子どもに転化していない分、清々しかった。

さぁ、どっちが早く英語を好きになれるかな?
一緒ならお勉強も楽しいね!

 結局この一件を経て、私は息子にいち早く英語に触れさせよう、と考えるようになった。あくまで息子のためではなく、勉強が苦手で、中でも英語にはアレルギー(笑)を持つ私のために。息子と一緒に楽しく学べば克服できるのでは、と考えたのだ。私がやりたいからやる、その姿を見て、いつか息子自身も本当にしたいことを見つけてほしい。英語に吹き替えられたアニメ映画に目を輝かせる息子よ、ママも負けないぞ!高齢ママの密かな挑戦の行方に、乞うご期待!

PROFILE

株式会社メディプラス代表  恒吉 明美

1973年生まれ。自らの肌悩み解決のため、皮膚科勤務を経てメディプラスゲルを開発。
近年、肌と心の関係性に着目し、ストレスオフ活動(オフ活)を推進中。

【メディプラス】私達の取り組み

https://mediplus.co.jp/efforts/activities/

関連記事

  1. コラム

    年齢肌には「量より質」のケアを

    メディプラスゲルを共同プロデュースするサティス製薬の山崎社長が、肌をキ…

  2. コラム

    “ちゃんと”の罠

      「ちゃんとしなさい!」ここ最近、やたらと口にするこの言葉。相手はま…

  3. コラム

    何がキミの幸せ?

     「社長、顔が疲れてますよ。」 育休を経て職場に復帰しはじめた今、社員…

  4. コラム

    なんとなく晴れない日。

    精神面でも美容面でも梅雨へ向かうこれからの時季はト…

  5. コラム

    〈第6回〉マイミ流Happy Timeの作り方

    みなさまから寄せられた質問をもとに、マイミさんのライフスタイルに迫りま…

  6. コラム

    ストレスオフブランド、「メディプラス」へ

    皆さんとメディプラスの出会いのきっかけって、何だったでしょうか?T…

メディプラス更新オンラインショップ
mediplus

株式会社メディプラスは、一般社団法人ストレスオフ・アライアンスへ協賛し、女性のストレス問題への啓発活動をサポートしています。

bigaku
ここち楽ちん風水九星占い
bigaku
bigaku
bigaku

SNSフォロー特典など
随時更新中!

  • bigaku
  • bigaku
  • bigaku
bigaku

コスメを本音で評価する世界で
ただ1つの雑誌「LDK the Beauty」の
感動謎コスメ・スキンケア部門において
“ベストバイ”にメディプラスゲルが
選出されました。

※LDK the Beauty2018年7月号掲載(株式会社晋遊舎)

Ranking

ページトップ

PAGE TOP