メニュー
  • bigaku
  • bigaku
  • bigaku
検索ボタン
検索

コラム

「ぬくもり」という特効薬

母になって3カ月を過ぎる。味わったことのない多幸感と共に、高齢出産の賜物(?)なのか、身体のあちこちに不調が出始めた。関節痛や視力の低下、お肌の調子も不安定に。医者によれば、産後のホルモンバランスの崩れはもちろん、育児ストレスによる部分も大きいらしい。肌ケアにはメディプラスという味方がいるが、授乳期にむやみに薬や栄養剤を飲むことはできない。
だからここ最近、私が自分自身に処方している薬は「ハグ」だ。つらい時ほど、ぎゅっと長く子どもを抱きしめる。私よりもずっと小さく、体温の高いその体に触れると、こみ上げる愛おしさで、いつの間にか日々の大変さが帳消しになっていく気がする。

たくさんのお祝いのお言葉、ありがとうございます
おかげさまですくすくと育っています。

40を過ぎた新米ママにとって、
つめ切りはおっかなびっくり!

ただの気休めと思いきや、これは科学的に証明された「ストレスオフ」の方法らしいから驚きだ。たった30秒のハグで、1日の3分の1のストレスがオフされるという。しかも愛情をもってハグをすることで、ハグした側にも脳内で幸せホルモンの分泌が促進され、ストレスの軽減に効果があるのだそうだ。
なんとこれ、自分自身の肩を抱くセルフハグや、両手で包むように肌に触れるお手入れでも効果があるらしい。こうなるとスキン「ケア」を超えた、スキン「ハグ」だ。そのおかげか、笑ってしまうほど動かなかった身体も、最近は調子のいい日が多くなってきた。
この先、まだまだ続いていく子育てという道のり。ストレスと向き合い、日々を笑顔で過ごすために何ができるかをひとつずつ考えていきたい。
※幸せホルモン・・・セロトニンやオキシトシンなど、ストレスをオフし心に安らぎを与えてくれるホルモンのこと。

PROFILE

株式会社メディプラス代表取締役 社長  恒吉 明美

1973年生まれ。自らの肌悩み解決のため、皮膚科勤務を経てメディプラスゲルを開発。
近年、肌と心の関係性に着目し、ストレスオフ活動(オフ活)を推進中。

メディプラスゲルのお話。開発したメディプラスゲルによる肌ストレスオフ
その後に必要になった心のストレスオフ
そのストーリーが動画になりました。

動画をチェック

関連記事

  1. コラム

    夏は肌を“老け” させる

    メディプラスゲルを共同プロデュースするサティス製薬の山崎社長が、肌をキ…

  2. コラム

    クチコミひろば(2018 MAR-APR)

    メディプラス総務担当のフランツがお届けする連載「クチコミひろば」。…

  3. コラム

    人生で手放すものは何ですか?
    〜100歳時代を笑顔で生きるために〜

    一説によると2007生まれ以降の平均寿命は107歳を超えるらしい。長く…

  4. コラム

    クチコミひろば(2017 SEP-OCT)

    メディプラス総務担当のフランツがお届けする連載「クチコミひろば」。…

  5. コラム

    〈第5回〉マイミ流Happy Timeの作り方

    みなさまから寄せられた質問をもとに、マイミさんのライフスタイルに迫りま…

  6. コラム

    夏に進む「肌の老化」について

    メディプラスゲルを共同プロデュースするサティス製薬が、肌にまつわる「ス…

bigaku
bigaku
bigaku
bigaku

SNSフォロー特典など
随時更新中!

  • bigaku
  • bigaku
  • bigaku
bigaku

コスメを本音で評価する世界で
ただ1つの雑誌「LDK the Beauty」の
感動謎コスメ・スキンケア部門において
“ベストバイ”にメディプラスゲルが
選出されました。

※LDK the Beauty2018年7月号掲載(株式会社晋遊舎)

Ranking

ページトップ

PAGE TOP