メニュー
  • bigaku
  • bigaku
  • bigaku
検索ボタン
検索

コラム

「与える人」と「奪う人」

 いつものように息子のお迎えに行くと、保育園の先生から嬉しい報告が。「おもちゃの取り合いになったんですが、どうぞって譲ったんですよ」。相手のために我慢できたのはスゴイ!偉かったねと抱きしめた。

 しかし、ここでふと疑問が。なんでも人に譲り与え続けていたら、損するばかりの人生になってしまうのでは?考え始めた矢先に「ギブアンドテイク」という本を見つけた。「与える人」と「奪う人」の人生を統計的に研究した書だが、成功を納めるのは、自分を優先する「奪う人」ではなく「与える人」だという。

 やっぱり利己的ではダメ!という道徳的な着地かと思いきや、実は貧しく人生を終えるのも、同じく「与える人」なんだとか。実は与える人にも二種類のタイプがあり、「与えることで周りを盛り上げ、自らも豊かになる人」と「与え続け、自分が貧しくなってしまう人」がいるらしい。その差を考えたとき、頭に「自分軸」という言葉が浮かんだ。与えっぱなしの「自己犠牲」の上に成り立った関係では、自分が疲弊してしまって長くは続かないのだ。だからこそ、やみくもに与えるのではなく、与える時は自分軸、つまり自分の基準に照らし合わせ、「我慢や損を差し引いても自分が心地よいか」を見極めるべきだろう。そうやって意識的に自分を幸せにできる「与える人」は、周りを盛り上げる能力も長けてくるに違いない。

自らも豊かになるような「与える人」になれるかな?

 かくいう私自身も自己犠牲傾向があり、その結果心身を壊してしまったこともある。しかし子育てによって時間に制限ができ「譲れないもの」を見極めたら、まさに「自分軸」が芽生えてきたのだ。今さらながら、やっと自分の人生を歩み始めた気がしている。

 わがままではなく、あくまで「自分軸」を持ったうえで「どうぞ」が言えるようになったら人生はもっと豊かになるだろう。息子はそんな風に笑顔で「与える人」になれるだろうか?そんなことを考えながら、今日もお迎えを急ぐ母なのだった。

PROFILE

株式会社メディプラス代表  恒吉 明美

1973年生まれ。自らの肌悩み解決のため、皮膚科勤務を経てメディプラスゲルを開発。
近年、肌と心の関係性に着目し、ストレスオフ活動(オフ活)を推進中。

【メディプラス】私達の取り組み

https://mediplus.co.jp/efforts/activities/

関連記事

  1. コラム

    人生で手放すものは何ですか?
    〜100歳時代を笑顔で生きるために〜

    一説によると2007生まれ以降の平均寿命は107歳を超えるらしい。長く…

  2. コラム

    「あなたのため」は誰のため?

     最近、ママ友との会話で目立ち始めた、習い事やお受験の話題。2歳になっ…

  3. コラム

    最初の一歩

     ついに、一歳二ヵ月になる息子が歩きはじめた。転んでもぶつかっても、小…

  4. コラム

    クチコミひろば(2017 JUL-AUG)

    メディプラス総務担当のフランツがお届けする連載「クチコミひろば」。…

  5. コラム

    クチコミひろば(2018 JAN-FEB)

    メディプラス総務担当のフランツがお届けする連載「口コミひろば」。皆…

  6. コラム

    「ぬくもり」という特効薬

    母になって3カ月を過ぎる。味わったことのない多幸感と共に、高齢出産の賜…

メディプラス更新オンラインショップ
mediplus

株式会社メディプラスは、一般社団法人ストレスオフ・アライアンスへ協賛し、女性のストレス問題への啓発活動をサポートしています。

bigaku
ここち楽ちん風水九星占い
bigaku
bigaku
bigaku

SNSフォロー特典など
随時更新中!

  • bigaku
  • bigaku
  • bigaku
bigaku

コスメを本音で評価する世界で
ただ1つの雑誌「LDK the Beauty」の
感動謎コスメ・スキンケア部門において
“ベストバイ”にメディプラスゲルが
選出されました。

※LDK the Beauty2018年7月号掲載(株式会社晋遊舎)

Ranking

ページトップ

PAGE TOP